飯坂町周辺地域づくり協議会規約:2006設立時

(名 称)

第1条 この協議会は、飯坂町周辺地域づくり協議会(以下「協議会」という。)と称し、事務局を飯坂温泉観光協会におく。

(目 的)

第2条 この協議会は、飯坂地区地域づくり懇談会の提案書及びまちづくりにおける地元住民の取り組み目標等を引き継ぎ、「にぎわい」と「もてなし」のまちを目指し、飯坂町における住民と観光客のための環境及び修景整備等の検討及び事業の推進を行う。

(構 成)

第3条 この協議会は、飯坂町周辺地区(飯坂町、飯坂町湯野)の住民等の協議会員で構成する。ただし、必要に応じ新たな協議会員を組織に加えることができ、その任期は先に存在する協議会員の残任期間とする。

(協議会員)

第4条 協議会員は、次に揚げる団体より推薦を受けた者とする。

飯坂地区町内会連合会、湯野地区町内会連合会、赤川町内会、花岡町内会、滝ノ町町内会、湯町町内会、道城町城光会、湯沢町内会、若錦町内会、十綱東町内会、十綱西町内会、鮎川町内会、立町親和会、舘下町内会、愛宕西町内会、新十綱町内会、湯ノ上町内会、橋本町内会、中央町内会、導専町内会、飯坂方部女性団体連絡協議会、飯坂温泉観光協会、飯坂温泉旅館協同組合、飯坂町商工会

 2 協議会員の任期は2年とし、再任は妨げない。

 3 協議会員は、推薦を受けた団体の会員でなくなった時点で、協議会員資格を失う。

 4 補欠の協議会員の任期は、前任者の残任期間とする。

 5 協議会員は、推薦を受けた団体へ協議会活動の内容を報告する。

(事 業)

第5条 本協議会は第2条の目的を達成するため次の活動を行う。
 (1)協議会の開催、調査・研究活動及び啓発活動
 (2)地域住民および関係機関との連絡調整
 (3)飯坂町周辺地域の住民協定締結の推進・指導・助言・運営
 (4)その他本協議会の目的達成に必要な事項

(役 員)

第6条 本協議会に次の役員をおく。
会長 1名、副会長 4名、事務局長 1名、庶務 若干名

 2 役員は、総会において選出する。

 3 役員の職務は次のとおりとする。

 (1)会長は、本協議会を代表し、その運営を総括する。

 (2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代理する。

 (3)事務局長は、協議会の庶務及び会計を総括する。

 (4)庶務は、協議会の庶務及び会計を担当する。

 4 役員の任期は2年とし、再任は妨げない。ただし、補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(オブザーバーとアドバイザー)

第7条 本協議会に、行政機関をオブザーバーとして、各種の専門家をアドバイザーとして参加させることができる。

 2 アドバイザーは、役員会において選任する。

 3 オブザーバーとアドバイザーは、必要に応じて会議に出席し意見を述べることができる。

(会 議)

第8条 本協議会の会議は総会及び役員会並びに委員会とする。

(総 会)

第9条 総会は、毎年1回開催する。また、必要に応じ臨時総会を開くことができる。

 2 総会は、会長が招集し、会長がその議長となる。

 3 総会は、次の事項を議決する。

 (1)規約の改正

 (2)事業の計画

 (3)事業の実績

 (4)収支予算決算

 (5)役員及び監事の選出

 (6)その他重要な事項

 4 総会は、協議会員の過半数の出席により成立し、委任状による者を出席者と認める。

 5 総会の議事は、出席した協議会員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(役員会)

第10条 役員会は、会長が必要と認めるときに随時開催する。

 2 役員会の構成メンバーは、会長、副会長、事務局長、庶務により構成する。

 3 役員会は、会長が招集し、会長がその議長となる。

 4 役員会は、次の事項を議決する。

 (1)本協議会の運営に関すること

 (2)総会に附議する内容

 (3)新たな協議会員の推薦依頼団体

 (4)委員会の設置及び構成メンバー並びに委員会の委員長及び副委員長の選任について

 (5)委員会での協議内容及び決定内容

 (6)その他必要事項

 5 役員会の議事は、出席者の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

 6 役員会に、修景整備に関する事項を審査するため、審査会を置くことができ、審査会の組織及び運営に関し、必要な事項は別に定めるものとする。

(委員会)

第11条 委員会は、委員長が必要と認めるときに随時開催する。

 2 委員会は、役員会により選任された協議会会員により構成する。

 3 委員会は、委員長が招集し、委員長がその議長となる。

 4 委員会は、役員会によって求められた事項及びその他必要事項を協議する。

 5 委員会は、必要に応じ地域住民及び関係機関を会議に出席させることができる。

 6 委員会は協議内容及び決定内容を役員会へ報告する。

 7 委員長及び副委員長の任期は役員の改選期までとする。

(会 計)

第12条 本協議会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

 2 本協議会の経費は、協力金、寄付金及び補助金その他の収入をもってこれに充てる。

(監 事)

第13条 本協議会に監事 2名をおく。

 2 監事は、会務を監査する。

 3 監事の任期は2年とし、再任は妨げない。ただし、欠員による後任者の任期は前任者の残任期間とする。

 4 監事は、総会において選出する。

(規約の改正)

第14条 協議会の規約改正は、総会出席者の過半数の賛成により改正することができる。

(その他)

第15条 この規約に定めるもののほか、本協議会の運営に必要な事項は役員会において別に定める。

附 則

 この規約は、平成18年4月18日から施行する。