ここがいいざか vol.4
いいざか「花ももの湯」
立ち見の湯/絹の湯/選べる浴衣

花ももの湯

3つの源泉湯めぐり

今年4月末にオープンした日帰り温泉「いいざか花ももの湯」
ここでは「延寿(えんじゅ)の湯」「花月(かげつ)の湯」「坐忘(ざぼう)の湯」と3つの源泉を一度に楽しむことができます。内湯も充実しており、熱湯は43℃、ぬる湯は39℃、ほどよい湯は41℃と温度によって3つのお風呂があるので、自分にあったお風呂を見つけることができるのではないでしょうか。
いずれも古くから親しまれてきた名湯ですから、多くの文人が傷を癒し、皇族方が飯坂温泉へ宿泊の際に入浴された皇室ゆかりの源泉でもあります。

さまざま選べる入浴スタイル

横になってのんびり入浴することができる「寝ころびの湯」、逆に立ったまま入浴する「立ち見の湯」、座った肩の高さからお湯が流れる「肩かけの湯」、広範囲の水流効果で全身をマッサージする「もみほぐしの湯」など、源泉だけではなく入浴スタイルもさまざま選ぶことができるため、利用するたびに新たな発見があるのではないでしょうか。
中でも女性専用の「絹の湯」は、とても細かい気泡から放出される大量のマイナスイオンがリラックス効果を生み、気泡自体もマッサージ効果があることから人気のお風呂です。

手ぶらでお風呂へ

受付から入浴までもとてもスムーズなことも特徴です。
受付で入浴料金を支払うと、タオルセットとリストバンドを渡され、浴衣コーナーへ案内されます。ここで4種類ある浴衣から好みのものを選ぶことができます。オシャレな浴衣がありますよ。着替えたら「和モダンの贅」を感じさせる長めの畳廊下を歩きお風呂へ。
受付で渡されたリストバンドはロッカーのキーであるだけでなく、売店やレストラン、また自動販売機でも買い物ができる便利モノのリストバンドです。お帰りの際にまとめて精算となりますのでとても楽ですよ。

手ぶらでお越し下さいませ♪

手ぶらでお越し下さいませ♪

活気あふれる飯坂温泉

いいざか花ももの湯を運営するホテル聚楽販売促進課の大西さんには飯坂温泉の雰囲気についても伺ってみました。
「飯坂温泉の最大の魅力は、活気にあふれていることじゃないでしょうか。この施設も、飯坂温泉のさらなる活性化を願ってオープンしたものです。私たちには結束力があります。観光協会青年部として活動している人数なんて、他の温泉街と比較してもダントツの多さじゃないですかね。飯坂温泉に足を運んでいただいて、私たちの活気に触れ元気になっていただきたいですね」
お風呂からエステ、ランチバイキング、ショッピング、カラオケまで、気軽にゆっくり過ごせる新レジャー。飯坂温泉の新たな魅力のひとつです。