いで湯とくだものの里・飯坂

飯坂温泉は「くだものの里」でもあります。

6月のサクランボから始まって、桃、梨、ブドウ、そしてリンゴ。 初夏から12月まで、半年以上に渡り、美味しいくだものを楽しんで頂けます。

また、柿やプルーン、ブルーベリーなどを栽培している果樹園もあります。 いろんな種類の「飯坂のくだもの」も、楽しんでいただけるのです!!!

初夏のたからもの、サクランボ

cherry01初夏の飯坂地区の木々には、小さな赤い実が鈴なりになります。
くだものの里・飯坂のトップバッター!サクランボです。隣県・山形の特産物として知られますが、飯坂もサクランボの大きな産地です。
「赤いダイヤ」とも呼ばれる佐藤錦をはじめ、紅秀峰、紅さやか、ナポレオンなど品種もたくさんあります。食べ放題のサクランボ狩りができる観光農園も多くあります。

国内有数の生産を誇る!夏の果物の王様・桃

peach01果物王国の代名詞とも言える、夏の果物の王様が「桃」です。 7月下旬から収穫が始まる、早稲種から、9月初旬くらいまで収穫できる晩生種まで、種類は豊富です。
早稲種の代表格、「あかつき」は、白桃と白鳳を交配させ、福島県で生まれた品種です。甘味と酸味のバランスが絶妙と言われ、糖度も15度前後と甘い桃です。触ると硬いのですが、食べるとジュシーです。柔らかい桃が好きな方は、常温で数日置いて熟成させる「追熟」をしてお召し上がりください。

水分たっぷり!いくらでも食べられます!飯坂の梨

pair01晩夏から秋にかけて、褐色玉をつける様子が見られるのが梨です。 最近ではラ・フランスに代表されるような「洋梨」の人気も高くなっていますが、福島市の梨の一大ブランド「萱場梨」の産地に隣接する飯坂地区でも、美味しい梨が収穫されます。
幸水、豊水、二十世紀など、従来から人気の品種に加え、新高や王秋などの新品種も栽培されています。
もちろん、梨狩りも楽しめます!

一粒一粒が大きい!品種も豊富な飯坂のブドウ

grape01特に湯野~東湯野付近にかけて、美味しいブドウが栽培されています。 巨峰、高尾、ピオーネなどの、いわゆる「黒い」ブドウは粒も大きく、食べ応えがあります。 緑色のブドウでは、ロザリオビアンコ、マスカット。 種無しが主流となっていて、食べやすいブドウです。 福島県が開発した新品種「あづましずく」や、高級種「シャインマスカット」なども徐々に栽培が進められていて、今後の飯坂のブドウが楽しみです!

そのままでも加工しても美味しい!ブルーベリー

blueberry出荷量は少ないものの、近年栽培され始めているのがブルーベリー。 初夏から9月中旬まで、収穫期も長く、加工用としても人気がでています。 こちらも種類が多く、大粒なものから小粒でジャムなどへの加工に適した品種などがあります。