稲荷神社


稲荷神社は湯村の村社であり、養蚕守護の神として信仰されてきた、この社の御幣を請けて蚕棚に祭れば、ねずみの害がなかったと言います。
稲荷の神が御幣と伴に蛇を遣わすと信じられていました。