愛宕神社



愛宕山の頂上にあります。
急な石段を登った頂上からは飯坂温泉が一望でき、明治19年、ここに立って文学の熱を強めたという、明治の文豪高山樗牛にあやかってさわやかな松風の音に耳をかたむけてみるのもいいでしょう。

神社のまわりには数千本のつつじが植えられており、五月頃になるとまっ赤なつつじの山となり、訪れる人の目を楽しませてくれます。