西覚寺


明治初頭に小高い丘を切り開いて立てられたというこのお寺は、正式には古戸山西覚寺といいます。
宗派は浄土真宗で、敷地内には親鸞の像が祀られています。
先々代の時代は、近隣の住民が定期的に集まり、説教会を開いていたことから「説教寺」と言われていました。
昭和45~6年に建て替えられましたが、寺院には珍しい、鉄筋を使用した近代的な建物となっています。