継信・忠信の夢を探して

医王寺

医王寺は826年(天長3)年、空海作の薬師如来像を祀り、草堂を建てたことに始まると伝え、平安時代末、信夫荘司佐藤一族が菩提寺としました。

佐藤基治は信仰心が厚く、居城とする大鳥城から眼下に望む薬師堂を改築し、伽藍を多数建立し境内を整えたとされています。

▲ページトップへ

瑠璃光殿

瑠璃光殿の主な宝物として、木地鞍(きじくら)「市指定有形文化財」・恨みの矢の根・笈(おい)「県重要文化財」など多数展示されています。なかでも鍍金装笈は、義経と共に逃れてきた弁慶が、奉納したという寺伝えがあります。

芭蕉句碑

1689(元禄2)年5月、「奥の細道」の旅で医王寺を訪れた芭蕉は、佐藤一族に思いをはせ、「笈も太刀も五月にかざれ紙幟」の句を残しました。

句碑は1800(寛政12)年に大阪の俳人大伴大江丸の筆によるものです。

▲ページトップへ

本堂

本堂は、大日如来が、本尊として祀られています。

鯖野薬師堂

平安末、玄心僧都が勧請し、この鯖野の里にお堂を建てたと伝えられ、後の佐藤一族が信仰し、今に至るまで広く人々の信仰を集めている。

▲ページトップへ

庄司佐藤基冶夫妻・継信・忠信墓碑(医王寺の石造供養石塔群)

薬師堂の背後に見られる板碑群は、信夫荘司一族の墓碑を擁する墓域であり、中央に基冶夫妻、右側に継信・忠信の墓碑といわれる石塔があります。凝灰岩の奥州型板碑を主に大小60数基が立ち並んでいます。

石塔が削り取られているのは、熱病の際に削って飲むと治るという伝えがあり、継信・忠信のような勇猛な武士にあやかりたいという信仰であったと思われます。

乙和の椿

この一本の椿は、佐藤継信・忠信を失った2人の母、乙和御前の深い悲しみと母情が乗り移ったかのように、花と開かずに蕾のままで落ちてしまうことから、いつしか「乙和の椿」と呼ばれるようになりました。

▲ページトップへ

山門


交通のご案内

  • お車でお越しの方は、東北自動車道福島飯坂インターから米沢方面へ、車で5分
  • 福島交通飯坂線でお越しの方は、医王寺前駅から徒歩で15分

▲ページトップへ