今月の人-1月-

福島県の県北地区では「中野のお不動さま」で知られる中野不動尊。
開山から830年余り、成田不動尊(千葉県)などとともに
「日本三大不動尊」のひとつに数えられています。
生まれ年によりめぐってくる体の弱い箇所を祈祷によって癒やす
「六三除け」の発祥の地ともいわれ、
また、初詣の参拝者数は県内でもトップクラスの数を誇ります。

中野不動尊の住職、本田さんにお話を伺いました。


三十六童子


不動滝

洞窟

本堂

寂光門


ほっとする場所を提供したい

当山は、拝観料はいただいておりませんし、トイレもあるし大きな休憩所もあります。飯坂温泉へ宿泊される方はもちろん、フルーツラインに果物狩りに来られた方、観光シーズンには磐梯吾妻スカイラインにドライブに来られた方など、毎年多くの方が参拝にお見えになります。
私はそうした方々に「ほっとする場所」を提供したいと考えています。広い境内を散策しながらゆっくりお参りいただき、三十六童子が祀られている洞窟めぐりなどをしていただいくとだいたい30分ぐらいのコースになるでしょうか。そのあと休憩所で名物の厄除けだんごや縁起そばなどを召し上がってお休みいただきたい。杉の木立に囲まれた参道などもほっとすると思いますよ。


お正月はりんごでおもてなし

お正月には毎年10万人を超える方々が参拝にいらっしゃいます。遠方からも多くの方が参拝に来られます。大変ありがたいことです。
せっかくこの地に来ていただくわけですから、おもてなしをしたいと考えました。「いで湯と果物の里」と呼ばれるほど果物がおいしい土地ですので、この季節のりんごを「中野りんご」としてかわいいリボンでラッピングして1個を平成の年号に合わせた値段で販売しています。平成16年から始めましたが、もちろん平成26年は1個26円で販売させていただきます。とてもおいしいりんごですのでぜひ多くの方にご賞味いただきたいと思います。

当山には、厄除け、眼守、三ヶ月の三不動明王が祀られ、特に厄除け、病気平癒の霊験はあらたかですので、まずはお正月に足をお運びください。