今月の人-4月-

JFLでの戦いを楽しんでいます

福島ユナイテッドFCは、今年からJFL(日本フットボールリーグ)に戦いの場を移し、リーグで好成績を残すことと、あわせて来年のJリーグ入りを目指して年間34試合を戦っているところです。
昨年までの東北社会人リーグより厳しい試合が続いていますが、僕自身はこのJFLで戦えることをとても楽しみにしていたのです。J2のクラブからユナイテッドに移籍して6年。やっと手に入れたこの舞台で、今の自分はどんなプレーができるのか、苦しいながらも楽しみながら戦っています。

僕たちはあきらめない

去年は「あきらめない」をクラブとして胸に刻み戦ってきました。
アウェイ戦では、福島県から避難されている方などから「君たちのひたむきな姿を見て元気づけられた」などと声をかけてもらうことも多かった。あきらめることなく戦う僕たちの姿が、少しでも誰かの力になれたかと思うとうれしかったですね。
スクールでも子どもたちに「夢はきっと叶う」「あきらめたらそこで夢は途切れる」などと教えているのですが、最後まであきらめなかったことでJFL昇格という夢をつかんだ姿を見せることができて本当にうれしい。

結果で飯坂に恩返し

去年10月の結婚を機に飯坂町に居を移しました。その2ヶ月後にクラブハウスまで飯坂に移ってくるとは思いませんでしたが(笑)
練習の後すぐに温泉に入ることができるので、疲れが取れやすくなりましたね。ケガをしにくい体にもなってきた気がします。温泉のおかげでグッスリ眠れることもありがたい。スポーツ選手には睡眠がとても大事ですからね。

飯坂では多くの出会いがありました。本当にあたたかい人ばかりで、お世話になりっぱなしです。僕はサッカー選手ですから、サッカーの結果で飯坂に恩返しをしたい。ユナイテッドの活躍が、元気な飯坂温泉のシンボルとなればうれしいですね。

photo01
photo02
photo03