飯坂八幡神社例大祭 「けんか祭り」

10月第1土曜日を中心とした3日間開催

kenka01飯坂八幡神社の例大祭で、10月の第1土曜日を中心に三日間かけて行われる祭り。大阪・岸和田の『地車祭り』、秋田・角館の『飾山ばやし』とともに《日本三大けんか祭り》と言われています。太鼓の調べは京都・祇園囃の流れを汲み、300年余の伝統を誇ります。 上町三町(宮元上町・瀧の川・若錦)、下町三町(立綱・横町・梍花)の曳き屋台が温泉街を廻り、祭りのクライマックス「宮入り」では大勢の若者達に担がれた6台の太鼓屋台が激しくぶつかり合いながら神輿の宮入りを阻みます。宵祭・本祭・後祭の三日間、飯坂は祭り一色になります。「下がり半」「三切り」「流し」「宮入り」の4種類の打法があり、儀式太鼓の風格と勇壮さを現代に伝え、祭り太鼓保存会や小学校の太鼓クラブによって郷土の伝統文化が受け継がれています。