飯坂温泉の歴史

飯坂温泉の歴史は縄文時代にまで遡ります。
紀元前3000年頃……摺上川(すりかみがわ)の支流の小川(おがわ)が、飯坂温泉の南を流れており、小川と飯坂街道が交差する月崎(つきざき)そこに縄文人が住んでいました。
2世紀頃、日本武尊が東夷東征の際、病にかかり、”佐波子湯”に浸かった所たちまち元気になった。とされています。
また、拾遺和歌集で「あかずして わかれし人のすむさとは さばこのみゆる 山のあなたか」と詠まれている(詠み人知れず)ことから、「さばこ」という名前も定着したようです。

hi-002源泉は至る所に点在し、農民、庶民などにも重宝されていました。世に知れ渡るようになったのは江戸時代中期の享保年間の頃からで、各街道が整備されたことにより、周辺の庶民に加え、多くの旅人も訪れるようになりました。
中でも、松尾芭蕉の奥の細道の中で、「飯塚(芭蕉は奥の細道において飯坂のことを飯塚と記しています)」として記され、知名度を浸透させたようです。
ただし、芭蕉はこの「飯塚」において、苫屋のような宿に泊まったため、好意的な感想を記しておりませんが、、
この頃の飯坂は鯖湖湯など温泉宿が4軒、人口326人、戸数74戸と小さな温泉街だったそうで、温泉地としての体裁が整ってきたものの内湯はあまり見られなく、思い思いに宿を選んで、点在する外湯で湯治を施すようなスタイルであったといわれています。
飯坂という地名はこの辺りが飯坂村と呼ばれたことに因み、伊達家の分家が飯坂姓を名乗り、一帯を開墾したことに因んでいます。
これがいつしか飯坂村の温泉、すなわち飯坂温泉と呼ばれるようになりました。
  
hi-004飯坂温泉を訪れた、俳人・歌人としては芭蕉の他、正岡子規、与謝野晶子も訪れており、飯坂を詠んだ句碑等が建てられていいます。
 ヘレン・ケラーは1937年飯坂温泉に宿泊をしたのをはじめ、2度訪れています。
また、昭和天皇をはじめ、皇族の皆様も訪れています。
ヤマトタケルや松尾芭蕉、正岡子規、与謝野晶子、ヘレンケラー、みんな飯坂温泉のお湯ですべすべ肌を体験したのでしょうか!?